トップ

インプラントの治療に関すること

インプラントと保険

インプラントの保険の適用

なんらかの理由で、抜歯をした場合、そこを埋めるための方法としては、ブリッジと呼ばれる、両隣の歯を削って、三つ繋げてしまうような治療があります。これは保険が適用出来ますので、費用は抑えられます。またインプラントという治療もあります。これは人口の歯を歯茎に埋め込む方法です。これは保険の適用ではないので、少し費用は掛かります。しかし、見た目を考えるとインプラントのほうが断然おすすめです。まず、ブリッジは健康な歯を削らなければいけないのと、繋げて被せるものは、銀歯なのです。これを銀歯じゃないものにセラミックとかに変えれば見た目は良くなりますが、そうするとその分は自己負担になるので費用は嵩んでいきます。であれば少し費用は高くなりますが、健康な歯を傷つけず、普通の歯と同じように見えるほうがいいと思います

インプラント, 医療

歯の治療の保険の適用

インプラントは、歯を失ったところに埋め込み、その上に人工の歯をかぶせる治療です。入れ歯よりも自分の歯のように噛むことができますが、保険が適用されないために、治療費が高額になってしまいます。保険制度は、最低限度の治療にしか適用されないので、歯を失った場合は、インプラントではなく入れ歯に適用されるためです。しかし、治療費が高い価値は十分にあります。固い物でもおいしく食べることができるというのは、食生活だけでなく、人生そのものを豊かにしてくれ、生活の質を向上させます。発音もきれいなので、コミュニケーションも活発になります。

↑PAGE TOP

© Copyright インプラントの治療に関すること. All rights reserved.